爺の時悠帖

まだ若いつもりでいたが ついに 老いを隠せなくなった爺の 時悠空間・生活日記

その⇒あの

年をとった
物や人の名前がすぐに出てこない
これ、それ、あれ・・ ほら
時の流れを遡ると 今、その時、あの時

写真ブログの一つ「その日その時・この1枚」
引っ越してブログ名を「爺の写真帖 あの日あの時」に変更した

https://ji-photo-1.hatenablog.jp/

このブログのアカウントでそのブログの編集を行うためである

暇があるから、こんなことばっかりやってる
あの世に逝ったら、何をしているんだろうな

目が疲れてきた 細かい字がよく見えないよ

暇で考える

どうでもいいことを悩んでいる時間が多い。無駄な暇な時間が多いから余計なことまで考え悩むのか。まあ、いつものことだが。

このブログは半月以上放っておいても書きたい気が起こらなかったから、もう止めてもいいんじゃないか。(とりあえず継続する 笑)
写真を撮りに行ってないから暇つぶしに、これまでのブログ記事の写真にマウスオーバーで撮影データを表示させるようにしたらどうだろうか。(「・・この1枚」ブログで実施済み)
同じ写真でも現像次第でどうにでも変わる。出来上がりを比較するページを作ってみようか。(新ブログ…ほぼ挫折。微妙な出来上がりを気にするほどでもなかった。そもそも、技術技量がなかった。)
「爺の写真帖」ブログはPCでなければ意図する表現を伝えられない。やはり、スマホでもすっと見られるようなブログでなければならないんだよ。(まあ、せっかく作ったんだから継続)
どうすれば「あっ!」「おっ!」という写真を撮れるんだい。現像段階であれこれ編集なんて、どうも違うような気がする。(しょうがないよ、そういう感性がないんだから)
快適な秋はあっという間に終わり、厳しい冬がやってくるよ。毎日が疲れたよ。(・・・)

やっと秋?

うららかな春は新型コロナウイルス感染拡大でかき消され、長い長~い梅雨に入った。
その長い長~い梅雨がやっと明けたと思ったらいきなり、真夏! 暑い熱い日が続いた。
日中は暑くても我慢する。夏だから。でも、夜になっても室温が下がってくれないのにはかなり参ってしまった。
パソコンに向かう時間も少なくなっていた。
ノート機だから涼しい部屋に持ち運べばいいのだが、電源コードを机上のラックの隙間に押し込んでデスクトップ機化してあるから、いざ持ち運ぼうと思っても面倒だったのだ。
最近になって夕方早朝、虫の音を聞くことが多くなった。でも依然として、日中は残暑が厳しかった。
そしてやっと、
今日は日中も30℃を超えなかったし、夕方に窓を開けると涼し気に感じてもいい風が入ってくるようになってきた。
もう秋なんだよ。コロナ禍が収まれば遠出もできるんだよ。
と言ってみた。

やっとシャープマスクが当選した。やっとだよ。【第20回ご当選のお知らせ】メール。
第1回目は申し込み失敗していたようなので、第2回目から待ち続け、途中、こりゃダメだと別メールアドレスで申し込んでまた待って、もう諦めかけていたところだった。
洗って繰り返し使えるマスクはその間に少しばかり入手できていたが、やっぱり使い捨ての方が楽ち~んである。

ひまつぶし

今週になって暑さが少し控え目になったかな、と感じる朝。
庭に陽が射し込む前の1~1.5時間程度の貴重な時間、前々から気になっていた芝(草)刈りを行った。狭いのに、計3日4回もかかった。疲れた。
身体を動かしたのは何ヶ月ぶりだったろう。普段は歩きもしていないのだからそりゃ疲れる。鉛筆を持ったら書いた文字が酔っていた。

日常の買い物以外にはほとんど出掛けなくなって半年。
そろそろ出掛けたいねと言っても、まだ行けないとの返事が返ってくる。
私一人でも出掛けたいくらいなのだが、出掛けてもいいのだが、帰ってきてからが大変だ。2週間隔離される(笑。その間、大丈夫だいじょうぶだ、と一人念仏を唱えることになる。

はてなブログには記事を書籍化できるブログ製本サービスへのリンクが載っている。
だいぶ前にそれを試してみたが、どうも自分で考えるスタイルにはならずあきらめていた。
コロナ禍のひまつぶし、もう一度試してみた。今度は別ブログで。でもやっぱり駄目だった。

他に製本できるサービスはないものかと探してみた。
いずれも私のブログ記事の本文と写真などを思うように配置できない。できるかもしれないが多額の費用をかけるほどでもない。
紙(プリントアルバム)を捨て去って電子化したというのに、また紙に戻るのかい? そういう気持ちもあった。

探しているうちに、あっ!原稿が PDF。それならできそうだ。
でも、PDFってどうやって作成するんだい、というレベルになっていた。
そうだ、まずは PowerPoint で作成してみよう。
(再び)でも、 PowerPoint の使い方を忘れてしまった。教えてくれぇ。
あちこちいじりながら、どうにかできたぞ。

過去の想い出やお気に入りの写真を載せた別ブログ「その日その時・この1枚」全198記事のうち、2019年までの厳選(笑)写真69枚70ページ。

その写真ブログは私の想い出やお気に入り(のはず)である。
ブログを作り始めた頃は私の想い出の古い写真を載せたが、もう尽きた。
これはいいぞと思ったお気に入りもそうあるもんじゃない。最近は(いや、以前から)記事数を稼ぐために適当に選んだ1枚というのもある。
他の人が見ても、ちっとも想い出じゃない、お気に入りじゃない。
そんなブログの PDF化。ここにリンクを載せていいものかどうか……。

残暑見舞い

いつまでも暑い暑いと言ってられない。今日は処暑

年賀状をやめて暑中・残暑見舞いにしよう、そう言ってから3回の夏が過ぎ、今年は4回目である。
今年は暑中・残暑どちらも出さなかった。世の中は新型コロナウイルス騒ぎで、ちっとも出す気になれなかったのだが、3年間続けられたからよしとしよう。
年賀状も暑中・残暑見舞いもないとなると、古くの友との便りが途絶えることになる。
でも、もうそれでいいかな。ひっそりと去っていくんだから。

そのときを迎える準備として、印刷を行った。
プリンタは2年前に買い替えた。初期故障があって1色がインク漏れ。修理に出したが再現せず、新品インク1個付いて戻ってきたのであった。でも、やっぱり少し漏れてるんだよ。
そんなプリンタであるが、写真用光沢紙を使うと意外と綺麗に印刷できるんだね。
ところが、肝心の写真が貧弱である。
スナップ写真の一部を切り出し拡大したら眠〜い感じ。ソフトを使って顔の輪郭を少しシャープにして再度印刷してみた。
Lサイズならどうにか我慢できるが、A4サイズだと……、いや、我慢してもらおう。そのときに私はその写真を見ることができないから気にしないよ。

こうして時は流れていく。

f:id:yos12:20190730145807g:plain