爺の時悠空間

まだ若いつもりでいたが ついに 老いを隠せなくなった 爺 の 生活日記 隠れ処

今日の1枚

突然強くなった雨の中、自宅まで帰ったもののさらに激しさを増し、しばらくの間、車から降りることができなかった。

その後、雨は止んだり降ったり激しくなったり。

夕方また出掛けたので、今日の1枚、北の空。

f:id:yos12:20190814200703j:image

保護ケース

iPadminiと共にカバーも買ったのだが、液晶面は保護されても裏面は傷がつきそうだなと思っていた。
適当なケースはないかな、買うかな、とつぶやいていたある日、テーブルの上に置いてあった。

f:id:yos12:20190813051243j:plain:h256  f:id:yos12:20190813051256j:plain:h246

おっ、いいじゃないか。使わせてもらおう。

聞けば、息子の一人が中学の授業で作ったものらしい。
息子が中学生・裁縫、随分と昔のことではないか。
私はその作品に全然覚えがないのだが、よく保管しておいたものだ。

息子の真似をして私もiPadminiを買ったことはまだ話してない。
そのケースを直接目の前に出して、覚えているかい?と息子に聞いてみたかったけど、仕事が忙しいらしい。
みんながお盆休みだと言ってる時にかえって忙しくなる仕事もあるからね。
息子たちは今年はお盆には帰ってこない。私ももう何年も帰省していない。

早く涼しくなってくれないかな。ビール飲まなくていい日がそろそろ欲しい(笑。ビールは飲めるけど食欲があまりないんだ。ビールっ腹にはならないけど、ますますスマートになっていく。

新しい端末

今朝のパソコン部屋*1は31℃、風も少し入ってきてブログ巡りも快適にできそう。

でもやっぱり真夏、暑い。暑くなってきた。
昼過ぎには32℃を超えたので、ブログ原稿書きは涼しい部屋に移動。
以前はパソコンを持ち運んだが最近は面倒なので、小さなスマホでチマチマ。
しかし、原稿のチェック・ちょっとした修正だけならスマホでもいいが、記事を全部書くには疲れる。
そこでつい先日、スマホよりもちょっと大きめの端末をゲット!したのだ。

記事書きはビールを飲みながらその端末で、写真編集、段落(Return)・単なる改行(Shift+Return)・HTMLなどの修正や脚注追加はパソコンで。
これからはそういう日が多くなるかも。(毎日書くのに疲れてきたけれど)

f:id:yos12:20190812124936j:plain:w200

*1:すみません。部屋の片隅です。

朝早く芝刈

いつもに比べて少しは涼しいかな、と感じた朝であった。
日が射してくる前に暑くなる前に、芝刈り*1をやろう、と始めたのが5時前。

まだ暑い日が続いてるのでもっと涼しくなってからにしよう、と思っていたところに、昨日はいつのまにか芝刈りを始められていた。
もう止めろと言うと、そんなにやらないからという返事だったので、私は家の中でのんびり(朝食待ち)していたがその後もしばらく続けられていた。
でも、全部終われるわけではない。病人怪我人にやらせておくわけにはいかない。残り(ほとんど)は私がやらなければ。

ということで少しは涼しかったこともあり、芝刈りを始めたのであった。
蚊に刺されてから慌てて虫よけスプレーしながら、終えたのが6時半過ぎ。腰が痛い。

f:id:yos12:20190811093247g:plain

*1:芝刈機等を使わずに、刈込バサミでチョキチョキ、静かな地味な作業

避暑なの?

毎日毎日、暑い日が続いている。このままではぶっ倒れそう。
そうだ、避暑に行けばいいんだ。少なくても、車に乗ってる時間は涼しい。行き先は…北海道。
と、避暑を決め込んだのが1週間前。そして、行ってきた〜。

北へ向かう。途中、道の駅隣接の珈琲店に立ち寄った。
「何? あのゴロゴロは」「え、何か聞こえた?」そんな会話をしながら暑い時間を過ごした。
その珈琲店にはエアコンがなく扇風機が回っているだけだった。それも、私のところまでは風が届かない。

コーヒーを飲み終えて外へ出ると雷が鳴っていた。さっきのゴロゴロは雷、そして、スマホへは防災情報、大雨警報!

走ってるうちに雨が降り始め、やがて、土砂降りに。
あまりにもひどい土砂降りに、いろは坂手前の駐車場でしばし待機。

いろは坂。北海道ではなく日光のいろは坂。避暑は北海道もいいけれど奥日光も負けないんだよ、という情報を得ていたから奥日光。
だって、決めたのはつい1週間前のことだから北海道には行けない。

土砂降りが弱まるのを車内で待っていると気温が徐々に下がっているようで、車の温度計は17℃を示した。おぅ、十分に避暑だ、土砂降りでなければ…。

いくらか雨が弱まってきた感じがしたので、いろは坂を上り始めた。
途中で雨は止んできた。やったねぇ…。
でも、また降り出して、宿に着く頃も立派な土砂降り。
チェックイン時刻30分以上前なのに、多くの車がすでに停まっていた。考えることは皆同じ、宿に行くしかない。

お宿は休暇村日光湯元。
休暇村にはなぜか、青年の家・研修施設というイメージが私の中にあって、これまで利用したことがなかった。初めて泊まってみたのは今年、那須
お、休暇村もまぁまぁいいかも、と今回も休暇村にしてみたのだった。1週間前でもちょっと空きがあったし。

部屋に入ると少しムッとした。エアコンスイッチはどこだ?リモコンは? …ない。
部屋には暖房器具はあるけど冷房関係は扇風機しかなかった。
そうか、夏でも涼しいし暑い期間は短いからエアコンは不要、扇風機で十分なのか。
でもね、扇風機の風を受けたときは涼しく感じるけど、全体が冷えるわけじゃないので部屋の中に入るとやっぱりウッとなるんだよ。 

宿について2時間経ったら晴れてきた。
f:id:yos12:20190809145001j:plain:w320

一晩中扇風機を回しても涼しさは感じられず、眠れず、翌朝外へ出てみてもそんなに涼しくはなく、今回の避暑は大失敗だと思った。

柄にもなく避暑と考えたことが間違っていた。一晩だけではなく数泊はしないと。
あんまり暑くならない所にはエアコンがないこともある。
食事も美味しさは残念ながら感じられず、宿泊は基本プランで十分。
一人泊はいいかもしれない。二人料金より1000円(消費税抜き)高くなるだけ。
などと分かっただけでも良しとするしかない、避暑の真似事であった。

あぁ、今日も暑くなりそう。