爺の時悠帖

まだ若いつもりでいたが ついに 老いを隠せなくなった爺の 時悠空間・生活日記

昨日&今日

昨日のこと
降ったり止んだりしていた雨が、夕方には止んだ。ちょっといやな予感がした。
軽く3時休み*1を取った後、パソコンに向かっていた。
すると、外から聞こえてきた。「シャリッ シャリッ…」
いやな予感が当たった。芝刈り・草取りをしているよっ。
今日の午前は雨が降らないという予報だったので、本当は今日の午前に[私が]芝刈りするつもりだったのだ。
聞こえてしまったからには、無視できない。仕方なく、一緒に芝刈り・草取り。
再びポツリポツリしそうだったので、最後はかなり適当に。
6時半過ぎまでやっていた。どうにか終えることができた。
でも、どうにか我慢できる程度にまで昨日のうちに芝刈り・草取りできたので、夕食時のビールが特に美味しかったこと。

今日のこと
庭を見ると、「おっ、意外ときれいじゃないか。最後にチョキチョキした箇所を見なければ」。
雨はお昼前から降りそう、という予報。
久々に外干しできるので今日は出かけずに洗濯番のつもりだった。
でも、ちょっと買い物に行きたいという。
モタモタしないで急いで戻ってくるという約束で買い物に出かけた。
11時前には帰ってこられた。雨はまだまだ降りそうもなかった。
昼食を済ませると西が暗くなってきたので、雨レーダーでも確認しようと思っていたら、突然、雨があめが・・・、それも強い。
幸いにも昨日までとは違って北風だったので、洗濯物は濡れずに済んだ。
洗濯物をたたんでいると、陽が強く射し始めた。なんだ、さっきの強い雨は。

毎日毎日、雨が降ったり止んだり。今年の梅雨は雨が多すぎる。
部屋干しすると臭うし、部屋もなんかかび臭い。でも、まだ我慢できる。
線状降水帯とやらで、あちこち災害が起きている。生活できなくなる。
新型コロナウイルスに豪雨、どうしようもないものばかり。

f:id:yos12:20200711135542j:plain

*1:その必要性がないけれど、どういうわけか、毎日の生活に組み込まれてしまった柿ピータイム