爺の時悠空間

まだ若いつもりでいたが ついに 老いを隠せなくなった爺の 生活日記

暖冬でも寒

帰省予定の弟からのメールに「まともに見るのは小学生以来かも」と書いてあった「えんぶり」は毎年2/17~20に行われる。
こちらに出てきてから私はその時期には一度も帰ったことがない。
冬は寒いから、とカミさんが言うので(ということにしておく)。

f:id:yos12:20200122132030j:plain:w240

独身の頃はどんなに寒くてもスノータイヤを履いて出かけて行ったのに、今ではスタッドレスであってもなるべく雪のない時・所へという「じぐなし」である。

早く暖かくならないかなぁ。