爺の時悠空間

まだ若いつもりでいたが ついに 老いを隠せなくなった 爺 の 生活日記 隠れ処

あと1年は

梅雨の晴れ間のいい天気、お出かけ日和。私も・・。

まだ健康、このままでもあと1年は大丈夫 と2日前に書いたが、その後ネットで調べると、今年一つ増えた[要なんとか]は大きな病気の場合ある…だって。心配になってきたので再検査してきた。

結果は異状なし。終わってみれば、なんだ、余計な心配をさせやがって、となる。
でも、もし細密検査を要するとなっていたなら、きっと血の気が引いていたであろう。

ところで、私だけあと1年大丈夫というわけにはいかない。カミさんにはもっと真剣に考えて欲しいんだがなぁ、あとになって悔やまないために、ぼやきの人生にならないために。

いろいろ考えるとやっぱり、ぴんころ地蔵を参拝すべきかなぁ。

今日の1枚

f:id:yos12:20190609102013j:plain:w320
つぼみ7個中5個が10日くらい前に咲いて、残り2個ももうすぐ咲くぞと楽しみにしていたが、なんと、ナメクジに食われた形跡が…。
鉢裏に1匹が潜んでいて、しかも、小さなアリの巣窟にもなっていた。

要なんとか

健康診断結果が届いた。1ヶ月くらいかかると言ってたのに10日くらいだ。結果が悪かったから早く知らせたかったんだ。開封して、あぁ~。

そんなに長生きしたいとは思わない。カミさんよりは先に逝きたいと思っている。
二人とも健康で十分に動けるならいいけどそうとは言えない。私が動けない状態になるとカミさんや子どもたちに迷惑をかけるので、今の身体具合を確認するために2年ぶりの健康診断を受けてきたのだ。

その健康診断の翌日、右胸の肩甲骨に近い部分が痛んだ。どこかにぶつけたような痛みだがアザはないし、大きく息を吸っても痛む。何だろう、まさか…。
いや、久しぶりの「大きく息を吸って~、息を止めて~」で頑張りすぎたか、愛想がなく冗談が通じなさそうな女医さんの聴診・触診に柔な私の体が負けたせいだろう、と思うことにしていた。
その痛みは4~5日でほとんど気にならなくなっていた。

健康診断結果を見てホッとした。要なんとかが一つ増えただけで、胸の痛みに関するものは所見なしとあった。
なんだ、まだ健康そうじゃないか、このままでもあと1年は大丈夫そうだ。